薬剤師の医療求人は、行政機関からもあります。それぞれの職場での任務も全うするという心構えが必要です。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

病院、ドラッグストア、製薬会社、などだけが薬剤師の職場と思われているかもしれませんが、実際には薬剤師の医療求人は行政機関からもあります。行政機関で働くことの最大のメリットは、公務員として安定した地位と給料を得られる所です。薬剤師の資格も活用出来るというのもメリットですね。代表的な行政機関としては、保健所、研究機関、自衛隊の薬務官、麻薬取締官、薬事情報センターなどがあります。ここでは、聞き慣れない自衛隊の薬務官に焦点を当てて説明していきたいと思います。自衛隊の中にも薬剤師というのはいて、隊員たちの健康を守ることを業務として働いています。具体的な活動としては、食品の衛生を管理したり、衛生状態を管理したり、といったことを行っています。

自衛隊の薬剤師である薬務官は、医療者としての側面もありますが、それと同時に自衛隊員であるという側面も持っています。なので、普段は薬剤師として働いているのではなく、他の自衛隊員と一緒に同じ自衛隊の訓練を受けています。薬剤師でありながら、訓練も受けるということで、文武両道が必要と言えそうです。薬の専門知識を活かした専門性の高い仕事ではありますが、任務も同時に行うということで、かなりの心構えが必要です。


Copyright(c) 2016 医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。 All Rights Reserved.